Bricolage

挿画のための細かい仕事が続いているので、描くスピードが落ちてきているのが自分でもわかります。
そういう時は身の回りのものをちょっと手直ししたりします。

描き損じの木枠を組み直しています。だいぶ年月の経った木枠ですが、しっかりと乾燥しているし、いい杉材です。僕は寸法の違う木枠をあちこちから組み合わせて使うので、角の組み合わせが良くない場合があります。そういう時は隙間を端材で埋めたり、出っ張りはカンナで削ったりします。
釘穴の跡は爪楊枝をトンカチで打ち込んでいきます。(釘穴が残っていると、カンヴァスを貼りなおすときにすこっ、となってしまうんです。)まず爪楊枝の頭を折ってから、とんとん、ポキッ。とんとん、ポキッ…、とリズムよく繰り返します。短くなったら新しい爪楊枝からもう一度。

これが結構気分転換になってくれます。
このあと、木枠にアンティークリネンを使ったカンヴァスを貼ります。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です