まもなく僕のアトリエに銅版プレス機が届きます。
都内にある版画用品の専門店に、中古プレス機の斡旋をしてくださるお店があるのですが、私にその順番が回ってきました。型番を教えてもらって検討して、そのプレス機を預からせていただくことにしました。

これまでは銅版画の工房でずっとお世話になっていたので、さまざまな道具の準備も必要になります。銅板をカットする切断機も探していたのですが、工房と同じものを僕のアトリエに設置することは難しく、ハンドシャーと呼ばれる切断機を探すことにしました。
幸い、自宅からそう遠くない中古工具の大型店舗に在庫があるのを知り、先日持ち帰ってきました。

ありあわせの合板で台座を作り、描き損じのカンヴァスの木枠で銅板を送る台も作りました。持ち手はW3/8のボルトと蝶ナットを新たに買い求めて、使用後に外せるようにします。非常に切れ味が鋭いので、刃押さえと皮手袋も用意します。
Img_bfb785209450765c6cfc60c707caeeea

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする