僕が大学で色彩を教えていることを話すと、
マリオさんが「この作家知ってるかな」と、この著書を紹介してくださいました。
後日、作家ご本人から贈っていただいた本です。
Img_dbebd66b15f10a9544d316731d906586
講演のために来日されているマリオさんご夫婦と都内をまわりました。
あいにくの雨でしたが、楽しんでくださったようです。
片言のイタリア語で案内していると、日本語もカタコトになっていきます。
行き慣れたはずの場所なのに、方向感覚を失って右往左往です。

写真はご夫人のルイーザさん撮影。
Img_99d94c0446c15ce4d7b6302eeea0a7c1
2015年から通っていた、銅版画工房に行く最後の日です。
この日は工房にある様々な種類の黒インクを分けていただいて、テストピースを刷りました。
性格の違うインクを混ぜて使用することなど、先生からアドバイスいただきながらの作業です。

CREA銅版画工房の高尾先生には大変お世話になりました。
(ありがとうございました!)
Img_3f4293c66670d4f2d711895d80f8d431
版画用品店の店主から、このプレス機の来歴を教えてもらっています。
この型はカタログには記載されていない特寸のプレス機です。
ほどなくして、その作家さんが海外に滞在されることとなり、このプレス機を手放すことになったそうです。そのため、あまり使われることが無かったようです。

職人さんが整備・調整くださって、この日、4人がかりでプレス機を届けてくださいました。
フェルトも残っています。この裏には前所有者のサインが残されています。
Img_4aeb79404e6610bb8af82ae4c4e7c9c5
まもなく僕のアトリエに銅版プレス機が届きます。
都内にある版画用品の専門店に、中古プレス機の斡旋をしてくださるお店があるのですが、私にその順番が回ってきました。型番を教えてもらって検討して、そのプレス機を預からせていただくことにしました。

これまでは銅版画の工房でずっとお世話になっていたので、さまざまな道具の準備も必要になります。銅板をカットする切断機も探していたのですが、工房と同じものを僕のアトリエに設置することは難しく、ハンドシャーと呼ばれる切断機を探すことにしました。
幸い、自宅からそう遠くない中古工具の大型店舗に在庫があるのを知り、先日持ち帰ってきました。

ありあわせの合板で台座を作り、描き損じのカンヴァスの木枠で銅板を送る台も作りました。持ち手はW3/8のボルトと蝶ナットを新たに買い求めて、使用後に外せるようにします。非常に切れ味が鋭いので、刃押さえと皮手袋も用意します。
Img_bfb785209450765c6cfc60c707caeeea